• Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

"...暗いユーモアをも鮮やかな効果とし、作品の持つ強い主張を現した。"

"The Strad" USA, 2016 

"クァルテット ベルリン・トウキョウは、活気に満ち、きらめく光で統合された音色と共に、つられて笑ってしまうようなユーモアを交えながら、壮大に溌剌とハイドンを賛美した。"

 "Kronen Zeitung" Austria, 2015 

"...芸術的に、絶対的に説得力がある..."

"Ensemble" Germany, 2014 

“高い技巧に支えられた一分の隙もないアンサンブルが灼熱するエネルギーを放出し、聴き手を圧倒し去った。”

“音楽の友” 2018 

"...壮大で思慮深い、魅力的なバルトーク四重奏曲第5番。挑発的で人を引きつける第一音から、ベルリン・トウキョウは音楽的に巧みな物語を届けた。...

説得力があり、完全に引きつけられる。 "

"Calgary Herald" Canada, 2016 

"...とても感動的な朗々とした演奏は、大変きめ細かく、どんな重力もなく、雰囲気を高めた。"

 

 "Der Tagesspiegel" Germany, 2015 

"ハイドン作品76-6は完璧にバランスが取れており、素晴らしい音色で演奏された。"

"Die Welt" Germany, 2018

"彼らは、「精神性のある音楽」と「構造を解明するセンス」を組み合わせる術を知っている。"

"Echo" Germany, 2016

"...最初の瞬間から聴衆に電流が流れた...高い緊張感をもって、クァルテットは彼らの威厳を示し、音は肌の下に流れた。"

"Allgemeine Zeitung" Germany, 2015

"若いクァルテットがその作品に捧げた激しい怒りと緻密さは、この奇妙で魅力的な音楽の魔力に聴衆を引き入れた。"

"Echo" Germany, 2016

"見事に支配された、奇妙な音の世界である。そして、その世界をも、特質的に人々を興奮・驚嘆させる、修辞的に明快な深い献身の物語へと変身させる手法。

クァルテットは、ダイナミクスを調和させる顕著な技能をもって、バルトークのリズムとピッチ・クラスのセットを使いこなし、転調部も毎回新鮮に、各テーマの巧みな操作を調整して、完璧に表現する術を知っていた。  "

"Calgary Herald" Canada, 2016 

"クァルテット ベルリン・トウキョウは、フォーマルな大胆さを繰り返しているものの、常に新鮮さと共にある。"

"Hannoversche Allgemeine" Germany, 2015

"クァルテット ベルリン・トウキョウは、豊かな人生経験のような25分のプレゼンテーションを行い、観客は引きつけられ、忘れがたい奥深いひとときに包まれた。"

"Calgary Herald" Canada, 2016